このページではJavaScriptを使用しています。
ENGLISH
会社案内 環境への取組 安全管理とSDS・PRTR 支店・営業所 関連リンク
TOPへ戻る
ケミカル製品
・探傷剤関係
 ├ 浸透探傷試験
 ├ 磁粉探傷試験
 ├ 漏れ試験
 ├ 探傷機器
 └ 探傷装置・試験片
・溶接関連ケミカル品
 └ 酸洗・焼け取り・研磨
・その他(洗浄剤潤滑剤等)
・安全管理及び注意事項
・カタログ&資料
・Q&A

ケミカル製品に関するお問合せはこちら
浸透深傷試験
ケミカル製品トップへ戻る
探傷剤関係ページへ戻る
この製品に関するQ&A
>> 1.浸透探傷試験(PT)とは…?
>> 2.原理と手順について
>> 3.染色浸透探傷剤(カラーチェック)について
>> 4.蛍光浸透探傷剤(ケイコーチェック)について
1.浸透探傷試験(PT)とは…?
浸透探傷試験とは、赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れ、ブローホールなどを検出する非破壊検査方法です。金属、非金属を問わず、表面に開口したクラック(きず)であれば、検出できるため広く利用されている方法です。
浸透液の色(観察条件)と浸透液の除去方法により、次の6種類があります。
浸透探傷試験の種類
浸透探傷試験の種類 試験の特徴
水洗性染色浸透探傷試験 赤色浸透液を水洗除去する方法で、大型検査物、表面の粗い検査物に適しています。
後乳化性染色浸透探傷試験
溶剤除去性染色浸透探傷試験
(最も広く採用されている方法)
赤色浸透液を除去液で拭取る方法で、部分検査に最適です。明るいところで 検査でき、電気、水洗設備なども不要なため、現場検査にも最適です。
水洗性蛍光浸透探傷試験
(自動探傷に最適)
蛍光浸透液を水洗除去する方法で、大型検査物、表面の形状の複雑な検査物、量産部品の自動探傷に適しています。現像剤を使用しない方法もあります。
後乳化性蛍光浸透探傷試験* 航空機部品などの一部で使用されています。
溶剤除去性蛍光浸透探傷試験 蛍光浸透液を除去液で拭取る方法です。微細きずの部分探傷に適しています。
*の試験は、特殊な条件の場合で使用します。
このページのトップへ戻る
2.原理と手順について
2-1.原理
表面に開口しているクラック(きず)を、容易に目視できるようにするために、毛細管現象および知覚現象を利用し、より拡大した像にして指示模様を検知する方法です。 赤または蛍光の浸透液を毛細管現象でクラック(きず)の中に浸透させた後、表面の浸透液を洗浄液による拭取りまたは水洗などで除去します。残ったクラック(きず)内の浸透液を、白色微粉末の現像剤で吸出し、赤色または蛍光の拡大指示模様を形成させ、これを観察することで、微細なクラック(きず)を検出します。
2-2.手順
一般的な溶剤除去性染色浸透探傷試験の手順 (カラーチェックの探傷手順例)
探傷手順   内  容
前 処 理 洗浄液(FR−Q)等を用いて、表面の油脂、汚れ等を除去し、欠陥部を開口させた後、充分に乾燥させます。
浸透処理 浸透液(FP−S)を塗布します。浸透時間は通常5〜60分間放置して欠陥部に、浸透液を充分に浸透させます。
除去 /
洗浄処理
表面の浸透液を乾いたウエスで除去します。次に、洗浄液(FR−Q)を軽く含ませたウエスできれいに浸透液を除去します。水洗型の場合は、シャワー水にて洗浄します。
現像処理 現像剤(FD−S)は充分攪拌した後、薄く均一に塗布します。現像時間は通常10〜30分です。
観  察 明るい所で検査物表面を観察します。クラック(きず)があれば、白地に赤色の指示模様として現れます。
このページのトップへ戻る
3.染色浸透探傷剤(カラーチェック)について
当社の染色浸透探傷剤はカラーチェックのブランドで親しまれています。一般には浸透液、除去液、現像剤の三液よりなっており、材料や部品等の表面に開口している微細な欠陥を検出します。信頼性・品質の高い製品として広く使用されています。
用途: 溶接部のクラック(きず)、ブローホールなどの検出
一般金属材料(軟鋼、ステンレス、
高張力鋼)のクラック(きず)などの検出
鋳造品・鍛造品のピンホールの検出
セラミックス その他非金属のクラック(きず)の検出
対象: 金属、非金属材料の表面探傷部
カラーチェック
カラーチェックの種類
分類 タイプ 記号 特徴
一般用 標準型 浸透液:FP−S
洗浄液:FR−Q
洗浄液:FR−S(遅乾性)
現像剤:FD−S
現像剤:FD−S(Q)(超速乾)
一般の表面探傷、貫通テスト
溶剤除去性染色浸透探傷試験−
速乾式現像方法に該当
水洗型 浸透液:FAW−6
(現像剤はFD−S使用)
浸透液:R−12P
(現像剤はFD−S使用)
水洗で洗浄できるタイプ
大型部品、小物の多量検査
(R−12Pは洗浄水リサイクル型で専用処理装置用)
不燃型 浸透液:FP−NE3
洗浄液:FR−NE3
現像剤:FD−NE3
不燃性タイプ
火気の近くで使用可能
高温型 浸透液:P−HE
洗浄液:R−HE
現像剤:D−HE
検査物表面が高温(100〜200℃)の場合に使用可能
クリアー 浸透液:P−C
(水洗型浸透液:PW−C)
現像剤:D−C
浸透液は透明または淡黄色
現像剤と反応して赤く発色
粗材型 浸透液:PM−6
現像剤:3W2
水ベースで安全性が高い
大型試験体に適している
セラミック用 浸透液:CR−10
浸透液:CR−20
セラミック検査用  現像不要
水ベースで安全性が高い
プラスチック用 浸透液:PM−3P
現像剤:FD−S
プラスチック検査用
水ベースで安全性が高い
低ハロゲン

低イオウ
標準型 浸透液:FP−U
洗浄液:FR−U
現像剤:FD−U
主に原子力機器などに使用される
(Cl≦100ppm、F≦30ppm、S≦10ppm)
水洗型 浸透液:FPW−U
水エアゾール:RW−U
カタログはこちら⇒(カラーチェック)
カタログはこちら⇒(プラスチック用カラーチェック)
このページのトップへ戻る
4.蛍光浸透探傷剤(ケイコーチェック)について
ケイコーチェックは蛍光浸透探傷試験に使用される探傷剤です。試験方法は基本的にはカラーチェックと同じですが、蛍光色の浸透液を使用し、観察は暗所でブラックライトを照射して行います。検出感度が高いこと微細クラック(割れ)の検出、自動探傷に適していることなどから、アルミダイキャストなどの量産部品の探傷など生産ラインに導入されるケースが増加しております。浸透液には水洗性タイプと溶剤除去タイプ・後乳化タイプなどがあり、また、現像剤にも速乾式、湿式、乾式タイプがあります。
ケイコーチェックの種類
分類 タイプ 記号 特徴
水洗型
(標準)
水洗性蛍光浸透液 N−2P
N−3P
N−4P
N−5P
水洗良好
N−2Pより輝度が高い準高感度
N−3Pより輝度が高い高感度
N−4Pより輝度が高い超高感度
後乳化性 後乳化性蛍光浸透液
(溶剤除去性蛍光浸透液)
AP−5
AP−6
高感度が要求される探傷
AP−5より輝度が高く超高感度
乳化剤 AE−56 AP−5、AP−6との併用で使用
低ハロゲン
低イオウ
高感度水洗性蛍光浸透液 GW−U 原子力機器等に使用される
Cl≦100ppm、F≦30ppm、S≦10ppm
粗材用 粗材水洗性蛍光浸透液 N−15PM
N−150P
水ベースで水洗性良好
洗浄排水中COD低減タイプ
特殊用 水リサイクル用浸透液 N−21P 疎水性の水洗性浸透液で油水分離機で排水処理が可能
現像剤 速乾式現像剤
乾式現像剤
湿式現像剤
FD−S
ADD−456
ADW−456
速乾性で浸透液の吸引が大きい
白色微粉末で指示模様が鮮明
一定量の水に分散して使用
応力腐食割れによる指示模様
ケイコーチェック
カタログはこちら (ケイコーチェック)
関連機器・装置はこちら (ブラックライト)
  (各種試験片)
  (浸透探傷装置)
  (廃水処理装置)
このページのトップへ戻る
サイトマッププライバシーポリシー